絶対わかる!体入の流れと必要な持ち物

体入について

体入の流れ

キャバクラの仕事に興味のある人や、これから働こうと思っている人なら「体験入店(略して体入)」を知っていますよね。体入とはお店で本格的に働く前に、キャバ嬢の仕事をお試しできるというものです。

とても良いシステムなのでぜひみなさんにもおすすめしたいのですが、どのような流れで体入できるのか知らないという人もいるでしょう。ということで、ここでは体入までの流れをわかりやすく解説していきます!

面接を受ける

体入をするにしてもまずは面接を受けなくてはいけません。面接を突破しないと本格的に働けないですし、第一段階の体入をすることもできません。

ですので、採用されるためにもしっかりと面接対策をしてほしいです!心構えなどは別記事に書いてあるので、ぜひそちらを見てみてください。

キャバクラは面接を受けたら、その日に採用かどうか言われることが多いです。後日連絡すると言われる場合もありますが、そういう風に言われた時は不採用の可能性大。不採用はよくあることなので、落ち込む必要はありませんよ!

落ちてしまったとしても「今回は合わなかったんだ」と気持ちを切り替えて、また違うお店を探しましょう。

体入する

そして面接に合格したら、いよいよ体験入店です!
採用だった場合いつ入れるか聞かれるので、自分の都合の良い日を伝えましょう。中には面接が終わった後に、そのまま体入するというケースもあります。

そうなった場合にも対応できるように、体入に必要な持ち物を用意しておいてくださいね。

どんな物が必要なのかは、この後詳しく書いていきます!

正式に入店する(本入店)

体入が終わったら、正式に入店です。(これを本入店と言う)この段階まできたらもうお試しではなく、在籍している他のキャストと同じように本格的に働くことになります。

しかし、体入が終われば必ず本入店できるというわけではありません。お試しで働いている時にお店の人に働きぶりを見られていて、その後不採用になるということもあります。お試しだからといって気を抜いていたり、適当に接客していると落とされることもあるので気をつけてくださいね!

体験入店をしてみて「お店の雰囲気が合わない」「キャバ嬢に向いてない」と感じる人もいるかもしれません。必ずそのお店で働かなくちゃいけないというわけではないので、合わないと感じたのなら本入店を辞退するのもアリですよ。

体入に必要な持ち物

面接に合格したら体験入店をすることになりますが、何が必要なのかいまいちわからないという人もいるでしょう。お店の方に直接確認しても良いんですけど、できれば事前に知っておきたいですよね。

あらかじめ知っておけば持っていない物を用意することができますし、当日にこれが必要だったと言われて困ることはありません。何を持っていけば良いのかまとめたので、これを見て準備しておきましょう!

顔写真付きの身分証明書

まず、必ず必要なのが身分証明書です。キャバクラは18歳未満は働くことができないので、年齢が達しているかきちんとチェックされます。

ここで重要なのが、顔写真が付いているものだということ!顔写真が付いていないと本人かどうか確認することができませんからね。年齢が達していないのに他人のものを借りて偽っている可能性もあるので、必ず顔写真付きの身分証明書を求められます。

もし身分証明書の提示を求められなかったら、違法な営業をしているお店かもしれないので注意しましょう。

ストッキング

キャバクラではドレスを着用して働くことになるので、ストッキングは必需品です。ストッキングを履くことによって足が綺麗に見えますし、キャバ嬢にとっては大切なアイテムになります。

薄くて破れやすいので、もしもの時にも対応できるように数枚持っておくと安心ですね。勤務の時は必ず履くことになりますし、消耗品でもあるので高いものではなく、手頃な価格のものをいくつか用意しておくことをおすすめします。

ヌーブラ

様々な形のドレスがある中で、背中が開いているデザインのものを着用することもあります。「そんな時は下着はどうするの?」と気になる方もきっといるでしょう。

ほとんどのキャバ嬢は背中が開いているドレスを着用する時、ヌーブラを使用しています!粘着性があって胸に直接つけることができるので、背中や胸元が開いているドレスでも大丈夫です。

下着屋さんにも置いてあったりしますし、通販で買うこともできますよ。

ポーチ

仕事中に必要なアイテムを持ち歩くためのポーチも用意しておきましょう。キャバ嬢は席を移動することも多いですし、必要なアイテムをまとめておかないといけませんからね。

メイク直しをしたりするのでメイク道具や、ハンカチ、ライターなどを入れられるくらいの大きさが理想的です。自分の好きな物を使って良いのですが、なるべくドレスに合うような素材の物を選ぶようにしましょう。

サンダル

ドレスはレンタルできるお店もありますが、サンダルはサイズのこともありますし自分で用意した方が良いですね。足が綺麗に見えるように高さがある物をおすすめします!

ヒールがあるサンダルを履き慣れていない人は、ヒールが高すぎない物を選ぶようにしましょう。(ただし、ぺたんこはNG)

全体的なバランスも大事なので、ドレスに合うようなカラーやデザインを意識してみてください。通販でドレスと一緒に購入することもできますし、直接お店に行って気に入った物を見つけるのも良いですね。

ライター

お客さんの中にはタバコを吸う方もいるので、火をつけるためのライターを持っておかなくてはいけません。

火をつけるだけなら安物でも良いかと思うかもしれませんが、お客さんは意外とライターも見ています。

安物ではお客さんの気持ちも下がってしまう可能性があるので、ブランドの物を使うなどライターにもこだわってみてください。

メモ帳とボールペン

初めて体験入店をする場合は、まず仕事を覚えなくちゃいけないですよね。お店のスタッフさんが仕事の手順ややり方を教えてくれるので、メモをとれるようにメモ帳かノート、そしてボールペンも必要になります。

それだけではなく、接客中にお客さんから聞いたことをメモすることもできるので、必ず持っていくようにしましょう!

メモ帳はポーチに入るくらいの大きさなら何でもOKですが、ボールペンはキラキラしていたり、可愛らしいデザインなどがおすすめです。

途中でインクが出なくなる可能性もあるので、常に数本持っておくといざという時にも安心ですよ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました